ただいま大規模リニューアル中!知財分析を中心としたユニークなコンテンツをリリースしていきます。お楽しみに!

国立大学法人帯広畜産大学の概要

国立大学法人帯広畜産大学は、売上50億円以上100億円未満、 従業員数-の企業です。
従業員の平均年収は-、 平均年齢は-歳です。(2012年現在)

企業データ

売上 50億円以上100億円未満
当期利益
従業員数 -

従業員データ

平均年収 -
平均年齢 -歳
平均勤続年数

注力業界

  1. 生命工学(食品・微生物)
  2. 医薬品
  3. 環境化学
  4. その他
(2012年時点の累計特許数より)

売上・従業員数推移

売上 従業員数
2010年 -万円 -人
2011年 -万円 -人
2012年 -万円 -人
2013年 (推定) -万円 -人

売上・従業員数

  • 売上
  • 従業員数

データがありません

NEW!! 国立大学法人帯広畜産大学の特許出願件数推移

ページトップへ

従業員のパフォーマンス

国立大学法人帯広畜産大学 の従業員一人一人の貢献度を算出しました。従業員のパフォーマンスが高い企業は、優秀な同僚や、能力を発揮しやすい環境が期待できます。

1人当たり売上を見る

国立大学法人帯広畜産大学 で働く従業員は、一人一人が年間-万円の売上に貢献しています。 この指標「一人当たり売上」は横ばいにあり、 国立大学法人帯広畜産大学の生産効率・付加価値・販売力などが堅調に推移していることが伺えます。

memo
一人当たり売上は以下の方法で算出しています。 「一人当たり売上=年間総売上÷従業員数」 一人当たり売上が高い企業は効率や付加価値が高く、 資材・生産や営業・販売が活躍している傾向があります。

1人当たり売上

  • 売上
  • 従業員数
  • 1人当たり売上

データがありません

データがありません

1人当たり研究開発成果を見る

国立大学法人帯広畜産大学が研究開発の結果出願した特許に対し、従業員一人一人の貢献度は -ptです。 この「一人当たり研究開発成果」は横ばいにあり、 国立大学法人帯広畜産大学が研究開発に注力していることが伺えます。

memo
一人当たり研究開発成果は以下の方法で算出しています。 一人当たり研究開発成果=年間特許出願数÷従業員数 一人当たり研究開発成果が高い企業は優れた製品を持ち、 優秀な技術者が活躍していると考えられます。

研究・開発の経験のある方限定の求人を見る

1人当たり研究開発成果

  • 売上
  • 従業員数
  • 1人当たり研究開発成果

データがありません

ページトップへ

国立大学法人帯広畜産大学の注力技術分野

国立大学法人帯広畜産大学は以下の技術分野に注力しています。

分野 技術件数(件) 前年比(%)
化合物または医薬の治療活性 5 +400.0%
突然変異または遺伝子工学 4 -
微生物、その培養処理 3 -
抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 3 +200.0%

技術件数

  • 2011年
  • 2012年

ページトップへ

国立大学法人帯広畜産大学 が所属する業界

国立大学法人帯広畜産大学が所属する業界は、 資源・素材、環境化学、酵素・微生物、微生物、その培養処理などが挙げられます。
また、 国立大学法人帯広畜産大学に関連する業界は、 高分子、膜分離、微生物による化学物質の製造などが挙げられます。

国立大学法人帯広畜産大学 と類似する企業

ページトップへ

一人当たり研究開発成果
研究開発成果を従業員数で割った数値です。一人当たり研究開発成果を使うことで、一人一人の研究開発への貢献度を比較することができます。
一人あたり売上
総売り上げを従業員数で割った数値です。一人当たり売上を使うことで、一人一人の売上への貢献度を比較することができます。